結婚式と結婚指輪は切っても切れない関係のように思えますが、日本で根付いたのはいつ頃からなのでしょうか。

昔と今の結婚とは

昔の結婚指輪とは

結婚と言えば、結婚指輪ですよね。
昔の結婚指輪とはどのようなものだったのでしょうか。
結婚指輪の歴史について少し調べてみたいと思います。
結婚指輪というものは、もともと西洋には存在していたようです。
しかし、日本には鎖国の影響などがあり指輪などの装飾品が入ってこなかった為、指輪をするという習慣がありませんでした。
これは、結婚指輪だけに限らず現代で趣味として使用されている指輪にも言えることとなるためそもそも日本での指輪の歴史は、それほど長くはありません。
日本での指輪の歴史は、明治時代に開国をしてからだと言われているようですよ。
西洋では、指輪というものは貴族が身に付けるものとされていたため男性にもなじみのあるものとされていたそうです。
しかし、日本では貴族文化が根付いていなかった為に男性が指輪をするという文化がありませんでした。
その為、指輪が日本で定着するまでにはまだまだ時間がかかってしまいます。
それに加えて、日本で行われていた結婚式と西洋で行われていた結婚式との間で違いがあったため「結婚指輪」という概念はなかなか定着しなかったのです。
日本に結婚指輪というものが根付いたのは、やはり戦後と考えられています。
その頃、一気に西洋文化が広まり日本の生活様式などが一気に西洋の様式に近づいていきました。
結婚式の内容も西洋のやり方に近づけていったことから、結婚指輪が注目されるようになり日本に広まっていきました。
今では結婚式=結婚指輪と考えられていますが、その歴史は意外と浅いものだったのですね。


Copyright(c) 2017 昔と今の結婚とは All Rights Reserved.